銀行カードローンと消費者金融カードローンの使い分け

カードローンを利用する時には銀行カードローンと消費者金融カードローンがありますが、この両者はそれぞれに特徴があります。利用する側としてはその違いを上手く利用するといいでしょう。大口融資を希望する人は銀行を小口融資を希望するのなら消費者金融を利用するのも一つの手です。

・大口融資の希望者は銀行を利用 銀行カードローンは金利が安くて借入できる限度額が多いので、100万円以上の高額を借りたい人には便利です。消費者金融なら仮に審査に合格できても、始めのうちは借りる事ができる金額の限界が30万円や50万円になる事が多いです。

 銀行なら初めから100万円以上を借りる事ができます。

・小口融資を希望するなら消費者金融 消費者金融の特徴は審査に通りやすい事です。そして即日融資できる所も多い事です。また、今すぐに数万円を借入したい時に利用すると便利です。

 50万円以上の借入をするには収入証明書について提出の必要はあります。また少ない所なら始めの限度額は10万円程度の事もありますが、審査が早いのが利点でしょう。銀行カードローンも消費者金融のカードローンもそれぞれに特徴があります。

 自分がどの程度のお金を必要とするのかで使い分けるのも一つの方法と言えるでしょう。

関連記事

    キャッシングの選び方について

    銀行や消費者金融会社や信販会社が行っている個人向け融資サービスであるキャッシングは、金融機関の数だけ申し込みすることが可能です。 しかし、中には初回利用を条件に一定期間金利を0パーセントにする所もあるのでキャッシングサービスの選択が大切になってきます。 お金を借りる以上返済をする... 記事を読む

    キャッシングを利用するメリットと鉄則について

    生活の中では、急な冠婚葬祭や入用などで計画外の出費が起こりうると言えます。 お金が必要になると言う事ですが、そんなときに便利なのがキャッシングです。 怖いイメージを持つ人もいると思いますが、確実に返済できるアテがある状況で利用すれば賢いキャッシングができると言えます。 上手... 記事を読む

このページの先頭へ