リボ払いに気付かず手数料を取られないようにする!

リボルビング返済方式とは、リボ払いと言って購入代金を分割で支払う方法です。

リボ払いにすることで、毎月の支払い金額は少なくなったと感じますが、実際には手数料が発生し高くついてしまうのです。特徴は、利用額にかかわらず毎月の返済額が一定となり、支払いの計画が立てやすい一方で、支払い期間が長くなり利息にあたる手数料の支払いも続くというものです。

月々2千円~3千円など無理のない返済額を選ぶことも可能ですが、年利換算で約15%となっています。

例えば、20万円の商品をリボ払いにして月々5千円ずつ返済すると、支払い回数は40回となります。

支払い総額は、年利15%の場合、合計で25万1240円となります。毎月の返済額を抑えられる反面、手数料を5万1240円も支払うことになるのです。

また、最近では一括で購入したにもかかわらず、リボ払いに設定されていることもあるようです。カードを申し込んだ時に、リボ払いになっていることに気付かなかったケースや、リボ払い専用カードと気付かず申し込んだケースなどが原因として挙げられます。

三井住友アミティエカードは、リボ専用カードですが、支払額を限度額と同じ額に設定することで手数料を払わずにお得に使用することができます。

このページの先頭へ